読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無個性モブキャラ脱却記

何の特徴もないモブキャラがいろいろ挑戦してみる。

気持ちの良い季節だからたくさん歩こうと思う。

お散歩

f:id:watanohana:20150425011327j:plain

天気が良い日はうずうずする。

生憎の雨模様だった月曜、突然のお誘いがあった火曜を経て、ようやく実現した水曜日の公園ランチ。木曜日は社長に自転車を借りて近くの友人とランチ。金曜日は再び公園でひとりランチ。

春の陽気を満喫できた1週間だった。

花も緑も美しくて、風と陽射しが心地良くて、荒んでいた心がリフレッシュできた気がする。

桜の季節は終わったが、ツツジが満開でキレイだった。花の白と紅紫、そして葉の緑のコントラストが目に眩しくて、なんだかとても楽しい気持ちになった。花を眺める時間は心に優しい。

f:id:watanohana:20150425011328j:plain

 

平日の昼間の公園はとても平和だ。

春先の晴れた日は、ふらっと近くの公園にお昼ごはんを食べに行く。今の会社だけでなく、前に勤めていた会社でもそうだった。
思い返せば、今まで勤めたどの会社も近くに公園があった。

煙草と缶コーヒーで一服するサラリーマンがいたり、犬の散歩をする若者がいたり、子ども連れのお母さんや住宅街を駆け抜ける学校帰りの小学生、やたらと人懐っこい雀に挑戦的な鳩など、場所によって割合は変わるけど、だいたいこんな顔ぶれ。

ひとりでランチしていても馴染めてしまうのが、平日の公園。休日の公園はちょっと浮き立っているからなんとなく気持ちが違う。

簡単に食べられるパンでお手軽な食事を済ませながら、心地良い風と陽射しの中で読みかけの小説に夢中になる時間はとても大切。

季節的には春と秋限定だけれども。そして、やっぱり春の方が心地良いのだけど。

 

ただ歩くことが結構好きだったりする。

歩くならばやはり自然の中がいい。道端の小さな花や、戯れる鳥を眺めているとそれだけで幸せな気分になれる。春の陽気がそうさせるのかもしれない。

公園からの帰り道では、思いがけないところで素敵なお店を発見することもある。いつか行ってみたいなーと思いながら、横を通る時に少しのぞきこんでみたりするのも楽しい。

やっぱり、室内にこもってばかりなのは良くない。去年の春に自転車を買ったことだし、気候の良い今の時期にいろんなところに散歩に行こう。なんだか人生が豊かになりそうだ。