読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無個性モブキャラ脱却記

何の特徴もないモブキャラがいろいろ挑戦してみる。

新しいことを始めたい気持ちをきっかけが後押しする。

f:id:watanohana:20170330231102j:plain

英語ができるようになりたいと前から思っていた。

英語ができるようになりたいと思う人はたくさんいると思う。わたしもその内のひとりだ。さて、そんな英語ができるようになりたいと思う人の中で、わたしのように「思うだけ」で完結して何もしなかった人はどれくらいいるのだろう。想いの強さや必要性など様々な要素があるだろうが、殆どの人が何かしらのアクションを起こしているのではないかという気がする。

 英語ができる妄想だけで満足して何もしてこなかったのは、特に英語を使う必要がなかったからだ。海外旅行の予定もないし、日本で今の生活している限りは英語を避けて生きていくことができる。英語ができる自分に憧れはしたが、必要不可欠なことではない。そのレベルのことに一生懸命取り組める性格をしていたら、この年齢にもなってわたしったら空っぽだわ~みたいな能天気なブログをやる事態には陥らなかっただろう。

だが、英語ができるようになりたいという気持ちはある。実際に何かを始めるには、きっかけと行動が必要だ。

 

きっかけはある日突然やってくる。

何やら、仕事で海外の方と関わることになりそうだ。いや、わたしはおそらく関わらないのだけど、会社でそういった新規事業を始めるらしい。英語できないし、業務としては関われないのだけど、電話が掛かってきたり、オフィスでの来客応対とかがあるかもしれない。というか、あったときに困る。

そういった事情から、本格的に英語ができるようになりたいという気持ちが大きくなってきた。正に、英語を始めるという行動を起こすきっかけが降ってきた瞬間だった。

実を言うと、今の仕事は全く英語に触れないというわけではない。英語での問い合わせメールが度々あったり、海外発送の荷物があったりする。ただ、どちらもGoogle翻訳があれば何とかやっていける。英語の問い合わせメールを翻訳し、日本語で返事を書いて翻訳して送る。それでどうにかなるので、切羽詰って英語を勉強しようと思うほどではなかった。

けれど、対面や電話などのリアルタイム対応になったら、さすがに英語できなきゃまずい。英語のメール対応も、もっときちんとできるに越したことはないし。

 

正直なところ、何がしたいのかが良くわからない。

ここまでずっと、英語ができるようになりたいと抽象的なことを書いてきたが、実際に抽象的なイメージしかない。

つまり対面や電話に向けて英会話ができるようになりたいのか、メールのやり取りをもっとスムーズにできるようになりたいのか、最終目標地点が見えない。海外旅行の予定はないし、ビジネス英語を求めるには中途半端だし。

つまり、何からやればいいのか何をやればいいのかわからない。

どこから手を付けたらいいのかもわからない状態だけど、やる気になった今がチャンス。とにかく何かをやってみよう。わたしがこんなにやる気になることは珍しい。そして、そのやる気を持続させたまま何かしら行動に移そうとするのはもっと珍しい。

きっかけがあるということは、そう進むべきタイミングだと思うのでこのまま何か形にしたい。

 

 

【2017.04.22追記】

英語の勉強についての記事は下記カテゴリで更新。